顔のたるみを改善してたるみをとる方法

顔のたるみをとる方法

顔のたるみに関して悩んでる人はたくさんいると思います。
歳を重ねるにつれだんだんと顔がたるんでくるのはある程度仕方のないことですが、それでも予防方法や改善方法があれば何とか試してみたいと思っている人が多いと思います。
基本的に肌の弾力が低下することで顔はたるんできます。

 

肌の弾力を低下させない

ためにもマッサージや顔の体操などを行っている人もいますが、それよりも美顔器などの機械を使ったほうがより効果的に顔のたるみをとることができます。
お金は器具を使った方がかかってしまうのですが、顔の体操やサプリメントなどのものを使用するよりもすぐに効果を感じることができます。
顔のたるみにはビタミンCが効果的だと言われています。

 

 

ではそのビタミンCをどのように肌に与えればより効果的に顔のたるみをとることができるのかについてですが、やはりサプリメントでビタミンCを取り体内から状態を良くするのも悪くは無いのですが、先程言った美顔器を使用すれば直接ビタミンCを肌の奥まで吸収させることができます。

 

それを可能にしているのはイオンを導入している美顔器ですが、そのような美顔器は電流が軽く流れています。
その電流のおかげで美容成分が肌に浸透しやすくなるので、無駄なくビタミンCなどが有効成分を肌に与えることができます。

 

 

他にも外部から顔のたるみを改善させる方法だけではなく普段の食生活にも気を使えば内部からたるみを予防したり改善することもできるので食生活はかなり重要です。
例えば顔のたるみの解消に良いとされている食べ物がいくつかあります。

代表的なものは納豆、牛すじ、玉ねぎです。

 

納豆は大豆イソフラボンが入っており、肌の保湿作用があると言われています。保湿をすることで肌にハリを与えることができるので、たるみにも効果があります。
牛すじはコラーゲンがたくさん含まれています。コラーゲンは肌の弾力性を保つためにには必要不可欠なものなので、しっかりと摂取することが重要になってきます。

 

玉ねぎにはケルセチンというものが含まれており、これはビタミンPと言われています。これをとることでビタミンCの吸収の手助けをしてくれたり、血液をサラサラにする効果があるのでこれも肌のたるみ改善には必要なものです。
このように顔のたるみを予防したり改善するには様々な方法があるので自分に合った方法を選んで根気よく続けていくことで良い結果を得ることができます。

顔のたるみの原因と簡単に出来る改善方法

年齢と共に顔のたるみが気になってきたという人は多いと思います。

 

考えられる原因としては顔の筋力低下、紫外線によるダメージ、肌の乾燥、そして加齢による老化です。
顔の筋力低下の場合、普段から表情筋を使っていないことが主な原因なので顔の筋トレを行うことで改善に繋がります。

 

顔の筋肉を鍛えるトレーニング

簡単な方法として「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と言うだけで筋トレは可能です。
この際1文字言う際に5秒〜10秒程伸ばして言うようにしましょう。
テレビを見ながらやちょっと空いた時間などに行えるのでおすすめです。

 

 

紫外線によるダメージの場合

紫外線対策とスキンケアが重要になります。
外出の際に日焼け止めを塗るのはもちろんですが、帽子やサングラス、マスクなどを付けて紫外線対策を行いましょう。

 

また帰宅後は肌は軽い炎症を起こした状態とほぼ同じなので保冷剤や濡れタオルで冷やして炎症を抑えましょう。
そして洗顔はいつも以上に優しく行うようにして化粧水は保湿力の高い化粧水でしっかり保湿を行ってください。

 

 

保湿をしっかり行うことで肌の乾燥も防ぐことが出来るのでさらにたるみ予防に効果的です。
次に加齢によるたるみはコラーゲンの減少により肌のハリが失われシワやたるみが生まれます。
一番簡単なのはコラーゲン配合の化粧品を使うことです。

 

 

コラーゲンは肌に浸透しにくい

このような性質があるのでいくら使っても効果が出ないこともあります。
そこでおすすめなのが低分子コラーゲンと呼ばれるものです。

 

これはコラーゲンの分子を小さくすることで肌に浸透しやすくしたもので、これでしたらしっかりコラーゲンを補うことが出来ます。
また化粧品以外ですとビタミンCを摂取するもの良い方法です。

 

 

ビタミンCはコラーゲンを生成する上でとても必要な成分の一つです。
なのでビタミンCを食事で補うことでも肌のハリを作る効果があります。

 

レモンなどに多く含まれているように感じるかもしれませんが、実はパプリカやブロッコリーの方が多く含まれています。
なのでこうした食材などで肌のたるみを改善するのも効果的です。

 

特別な道具などを使用しなくても普段の生活のちょっとした工夫で肌のたるみは改善されるので是非一度試してみてください。

顔のたるみは大きな悩み。進行させない方法ありますか?

最近、顔のたるみが気になります。30歳を過ぎてから「気になる」から「大きな悩み」に変化していますが、本当に見るだけで落ち込む問題です。顔のたるみで1番影響を感じたのが、ほうれい線の存在。

 

くっきりと浮き出たほうれい線は、ファンデーションを塗っていても、くぼんでいるのが分かります。顔の筋肉が衰えて、ハリがなくなってきたからなのでしょうか。本当にショックです。そして更にショックなのが二重あご。

 

これも、昔より遥かに深刻になってきました。最近では、主人に指摘されるほどなので、お友達や知り合いの方々も、きっと目についているんだと思い、かなり落ち込みました。

 

ほうれい線と二重あごで、年齢って大分変わって見えると思うんです。この2つを引き起こした原因を、まずやっつけないことには解消できませんよね。なので最近は、舌を口の中でよく動かして、顔の筋トレを始めてみました。意外にもすごく疲れます。それだけ、今の私はたるみ顔なんだと痛感しました。もちろんスキンケア用品もリフトアップに適したもので揃えています。

 

年齢に合わせて、スキンケアは変えていくのがベストですね。肌の悩みは変わっていくので、今回のことも教訓にしてケアを頑張りたいと思います。後は、よく物を噛んで食べる。これぐらいしか今のところできていませんが、この先も情報収集を心掛けて、頬のお肉のたるみをなんとかして綺麗にしたいと思っています。顔のたるみは、とにかく人目が気になります。

 

化粧の仕方も変化があり、最近は引き締めになるような色味のものを選ぶようになりました。

 

目元や口元にパッと目が行くようなカラーを入れて、視線を上にあげてもらうようにしています。効果はあるのか分からないし、気休めでも良いんです。気になるものは気になってしまうものです。油断すると、どんどん進行していきそうで怖いので、これからもちゃんとケアを怠らずやってみます。肌が上向きになって、色々な悩みから開放されたいと思う今日この頃なのでした。

鏡の中のブルドッグにさよならしよう!

女性なら、誰もが気になるお肌の「たるみ」。鏡の中に、ブルドッグみたいに垂れ下がった頬をする自分の姿を見ると嫌な気持になって、鏡を割ってしまいたくなります。

 

何故たるみは起こるのでしょう?顔の肌は、表皮・真皮・皮下組織の3層になっており、その下に脂肪があり更にその下に表情筋と言う筋肉があります。

 

真皮を支えるこの筋肉の衰えにより重力の影響を受け、その上にある脂肪や皮膚を支える事が出来なくなり、皮膚や皮下脂肪が下に下がる事によりたるみが生じ、ブルドッグとなるのです。

 

若い肌は、皮膚の内部で盛んに細胞分裂と新陳代謝を繰り返し、表皮を支える線維成分のコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸のバランスが整っており、弾力のある肌が保たれているのですが、加齢や紫外線の影響によって真皮を構成し支える役割を果たすそれらの成分が減少し維持できなくなり皮膚の張りや弾力を失います。特に紫外線は、真皮層を破壊するのでコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を十分に作り出せなくなり、皺ができやすくなって弾力を失い、たるみの原因となります。

 

 

では、ブルドッグ顔とサヨナラする為の対策とは?まずは、規則正しい食生活できちんと栄養を摂る事と、十分な睡眠が必要です。そして、たるみの最大の敵である紫外線から、お肌を守ってあげる事が大切です。

 

そして、お肌のお手入れには、たっぷりの化粧水と乳液・美容液でしっかりと保湿します。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸入りの化粧品も多く販売されていますので、これらの効果を引き出す為にも、とにかくしっかり真皮層に浸透させる事が大切です。

 

また、顔の筋肉を鍛えるエクササイズも、
たるみ予防になります。大きな口を開けて「あ・い・う・え・お」と、一文字に5秒口を開けたまま発音するのがポイントです。老廃物の滞留もたるみやすくなりますので、老廃物を排出するリンパマッサージもお勧めです。

 

「たるみ」の主な原因は、加齢と紫外線です。加齢は止められませんが、紫外線対策をし、日常生活では規則正しい生活をするように心がけ、いつものお肌のケアをしっかりし、少し頑張ってエクササイズやマッサージを意識して取り入れて、鏡の中のブルドッグとはさよならしましょう。