顔のたるみを改善してたるみをとる方法

老化以外にも何度もダイエットを繰り返していると、たるみやすくなります

そんなに年齢が進んでい訳でも無いのに何だか顔のたるみが酷いわ?と言う方を最近よく見かけます。
たまたま知人でそんな状態になっている人に話を聞くと、どうやらダイエットとりバうウドの繰り返しが多い人は特にその傾向が如実に表れやすい様です。

 

その傾向とは、顔が痩せたり太ったりを繰り返す事により、皮膚が何度も伸縮を繰り返すので、おのずとたるみやすい顔になって行ってしまった〜様なのです。

 

急に太って急に痩せて、また太って痩せて〜を1年間に3回は繰り返すと、20代でも40代のお肌の様にたるんでしまうのです。

 

ただ、キチンと対応していれば問題は無いのです。
太った時や痩せた時に、顔にたるみが出ない様に顔の筋肉を鍛えたりまた、マッサージなどをこまめにして老廃物の蓄積を抑制したりする事で、顔を極端に太らせないようにして来たのです。

 

しかし、既にそんな事をしても間に合わない状態になってしまった人はどうすれば良いのでしょうか?

 

実はたるんでしまった皮膚を引き締める運動があるのです。
それも、マスクをしていればどこでも気軽に誰でも簡単に出来るので、いつの間にか友人や知人〜それに家族に痩せた?と聞かれてしまう可能性すらあります。

 

この方法は、80歳にしてエベレストに登頂成功した三浦雄一郎氏も実践していた方法で、三浦さんはこれのお陰で現在御年82歳ですが、50代?後半位のシワもたるみも少ないお肌をしておられるのです。

 

その気になる方法とは、実は口の中で舌を回転させる運動をするだけだったりします。

 

舌先を、歯茎に沿わせて頬の裏をマッサージする様に通過させてまた元の位置に戻る〜感じで行います。

 

1セット20回転で1日2セットもやれば良いそうです。

 

ただ、大勢の人の前などで無意識にこれをやっていると、ちょっと見た目はオカシいので、なるべくならマスクをしてやった方が良さそうです。

 

会社で仕事中や学校の授業中などでも気軽に簡単に出来るので、顔のたるみやほうれい線などが気になっている人に良いでしょう。

 

また、顔の内側からマッサージするので、表面の皮膚を傷めたりする事も無いので、顔のマッサージが余り好みでは無い人にも向いているでしょう。

 

と言う感じで、顔のたるみが気になり始めた方は、この運動でたるみを人知れず解消して行ってみて下さい。

 

速い人では開始2ヶ月程でたるみが無くなったそうです。

たるみの原因と日々のケア

顔のたるみは、年齢よりも顔が老けて見えることがあるなど、非常に避けたいトラブルだと言えます。そんなたるみの原因には様々な原因がありますが、いずれの原因も日々のケアで対処することが可能です。

 

 

 たるみの原因としてもっとも影響があるのは、皮膚の不健康な状態があります。例えば、皮膚に悪影響を及ぼす紫外線を浴び続けると、肌のたるみだけではなく、肌の細胞を破壊するので、肌そのものの柔軟性が亡くなることから、肌にしみやしわを作る原因にもなります。

 

 その他、たるみの原因には様々な要因があります。とくに最近多いのが、ストレスからくるものです。仕事場や学校などで強いストレスを受けていると、ストレスホルモンが分泌されてしまい、肌に栄養を送るべき毛細血管が収縮してしまい、その結果、細胞や肌そのものが不健康になってしまうのです。

 

 

 特に、毛細血管の収縮で細胞そのものの新陳代謝が低下すると、肌そのものが持つ免疫機能や肌の張りまでも衰えてしまいます。その他、タバコから摂取されるニコチンなどの刺激物の影響、睡眠不足による新陳代謝の衰えが、肌のたるみの引き金になります。

 

 意外なことに、睡眠不足は、睡眠中の肌細胞の再生が行われるチャンスが少なくなってしまうことから、肌のダメージを回復する時間を奪ってしまうことにつながり、その結果、顔のたるみなどの悪影響が生じるのです。

 

 

 たるみを防ぐには、これらの悪習慣を解消しつつ、肌の栄養分を積極的に摂取することが欠かせません。特にコラーゲンは重要です。あわせて、体内のコラーゲン合成を促進するビタミン・ミネラルを補ってやることもぜひ心がけましょう。最近では有用なサプリメントなども多く発売されていますから、日々の食生活から肌に良い成分を吸収することを心がけてやりましょう。

 

 たるみは、人間の身体が老化する限り避けられないものであることは分かっていると思いますが、日々の努力でその老化を軽減することができることも、ぜひこの機会に覚えておいてほしいと思います。