生理の時の肌トラブル対処法

生理の時の肌トラブル対処法

生理の前はなぜ肌が荒れるの?

 

生理前、甘いものが食べたくなりますよね。チョコレートなどをついつい食べ過ぎてしまい、ニキビができてしまうことはないですか?
生理前や生理中にイライラしたり、気持ちが沈んだり、肌トラブルが起きるのは、ホルモンバランスの影響です。

 

生理前になると、黄体ホルモンのプロゲステロンが増え皮脂の量を増やす作用があるのです。これが肌荒れやニキビができる原因の一つです。また生理前にむくむと感じるのも、この黄体ホルモンの影響です。

 

生理が終わるとエストロゲンという女性ホルモンが分泌され、排卵時にピークを迎えその後徐々に減少し、また黄体ホルモンが増え次の生理が始まります。このホルモンの入れ替わりの時期も肌トラブルの原因になります。

 

生理 肌荒れ

 

生理の時の肌トラブルを改善する食事

 

・生理前から皮脂の分泌が増えるので、生理周期を考えて生理の始まる少し前から油っぽいものを食べるのはなるべく避けましょう。

 

チョコレート、ナッツ、スナック菓子、バター、生クリーム、天ぷら、コロッケなど食べたくなるのですが、皮脂が多く出てしまいニキビ予防対策には避けるべき食事です。

 

・大豆製品を食べてイソフラボンを摂取しよう。

 

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、肌荒れに効果的ですよ。納豆、お豆腐、お味噌、豆乳など意識して取ってみてはいかがでしょうか。

 

・体を冷やす食事は避けましょう。

 

体を冷やす食品はコーヒー、白砂糖、バナナ、パン、バター、マヨネーズ、トマト、きゅうりなどです。温める食品は、根菜、チーズ、紅茶、お味噌、りんごなどです。

 

 

生理の時のスキンケア

 

生理中はお化粧ののりが今ひとつということはないですか?皮脂量が多い時期なのでしっかり洗顔したい気持ちもわかりますが、過剰に洗ってしまうと乾燥の原因になるので気をつけてください

 

化粧水、乳液で顔をしっかり保湿しフェンデーションは油分の少ないものを使いましょう。生理中はお肌が敏感な時期なので、顔のパックや産毛の処理は控えてください。

 

顔色が今ひとつだと思ったら、チークを明るめにするとか、アイメイクを少し工夫してポイントを目に持ってくるなど、生理の日のメイクを楽しめば少しはストレスから解放されるかもしれませんね。

 

 

生理のストレスを軽減しよう

 

生理中は何を着ようか考えたり、楽しみにしていた旅行の日に当たってしまったりと何かとストレスを感じがち。そんな時はハーブの力を借りてみてはいかがですか?

 

カモミールティーは気持ちを落ち着かせるだけではなく、美肌効果や、安眠効果、生理痛を緩和してくれる効果も期待できます。そしてカモミールは血液の循環を良くし、肌の炎症を抑える働きもあるので、お風呂にカモミールを浮かべればニキビも良くなりそうですね。

 

また、生理中眠りが浅くなる方は、枕元にカモミールのポプリを置いておくだけで眠りの質が変わり、睡眠効果でお肌の調子が良くなるかもしれませんよ。カモミールは生理中に強い味方のハーブです。

 

生理 肌荒れ

 

生理と上手に付き合おう

 

女性にとって悩ませられることの一つですが、なくては困るのが生理。生理期間は約1週間とはいえ、その5日前位から肌の調子が変わり、生理が終わったら今度は肌荒れのアフターケアが待っていたり。調子が良くなってきたらまた生理というパターンを経験したことがある方多いのではないでしょうか?

 

ひと月に一度とはいえ、お肌の調子はその前後も影響されるもの。そしてお肌の調子は女性の精神状態に大きく影響しますよね。たった一つのニキビでさえすごく気になるものです。

 

ただ生理の周期が安定していれば、生理に合わせて食事を変えたり、体調を合わせることで肌のトラブルを軽くしたり、避けることは可能です。肌だけでなく髪質もなんとなく違うと感じる方もいますが、その時だけのヘアメイクを楽しむなど、長いお付き合いなので上手に付き合いたいですね。