肝斑とシミそばかすは何が違うの?肝斑の対処法

肝斑とシミそばかすは何が違うの?肝斑の対処法

肝斑とは何か

 

肝斑とはシミの一種ではありますが、女性特有のホルモンバランスに関係する肌トラブルです。頬骨の上、口もと、おでこなどに「左右対称」に浮き出る色素沈着です。紫外線によるダメージからできるシミとは少し異なる理由を見ていきましょう。

 

肝斑の原因

肝斑のできる原因は、女性ホルモンバランスの減少や分泌の乱れが原因ではないかと言われています。肝斑が出るのは30代?40代が多く、妊娠やピルの使用、更年期障害などでホルモンバランスが崩れた時に肝斑が出ることがあります。閉経すると薄くなることもあるらしく、高齢者にはほとんど発生しません。

 

また、ストレスを強く感じたり睡眠不足が続いていることも原因の一つです。

 

 

肝斑とシミの違いは?

シミは紫外線によるダメージにより肌にできるもので、点々とした色素沈着ですが、肝斑はホルモンバランスが原因といわれ、頬骨などにできる左右対称のモヤモヤと広い色素沈着です。

 

肝斑 そばかす

 

シミそばかすの特徴

シミは加齢に伴い肌に出てくるものと、小学生くらいの頃から現れるソバカスがあります。シミにもいくつか種類があり、肌から少し盛り上がってホクロのように見えるものや、遺伝が原因とされるアザのようなものもあります。

 

肝斑の治療法

 

肝斑はシミとは違いレーザーによる治療法は悪化されると一般的には言われてきましたが、近年では弱いパワーのレーザーで刺激しないようにメラニンを減らしていくという治療法もあるそうです。

 

肝斑を悪化させないために

 

できてしまった肝斑を悪化させないために自宅でできる改善法をいくつかご紹介します。

 

1.日焼け止めをしっかりと塗り、紫外線対策をしっかりしましょう。

 

  日焼け止めを塗り紫外線を予防することで、プラスミンというメラノサイト活性因子の働き    
  を抑え、メラニン色素の生成を抑えます。日焼け止めは2?3時間に一度塗りなおしましょう。

 

  肝斑のできる原因は紫外線ではありませんが、紫外線によるメラニン色素の増加・沈着は肝
  斑を悪化させてしまいます。

 

2.顔をこすらない。

 

  日焼け止めを塗る時、メイクをする時、顔を洗う時肌をこすらないようにしましょう。なる  
  べく摩擦による刺激を少なくすることが大切です。顔のケアをする時は、指の腹で力を入れ
  ないように気をつけましょう。

 

3.トラネキサム酸とビタミンCを摂取し、美白効果をねらう。

 

  トエアネキサム酸はメラニンの生成を抑制する働きがあるので、体内からの美白効果を期待      
  します。

 

4.化粧水や美容液に美白効果のあるものを使う

 

  ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10などが配合されている化粧品を使い、肌の調子を良くし 
  ておくことはとても大事です。ターンオーバーが正常に行われる肌のコンデションであれば、
  紫外線による色素沈着が肌の力により防げるからです。

 

 

 

肝斑を緩和させる生活習慣

 

1.ゆっくりとお風呂に入りリラックスしましょう。
2.適度な運動やマッサージ、ストレッチで体の調子を整えましょう。
3.睡眠はたっぷりとりましょう。
4.禁煙し、飲酒は控えましょう。

 

 

肝斑を緩和させる食事

 

1.海藻類を食べよう。

 

  体内でホルモンバランスを整えるにはビタミン、ミネラスは必須です。海藻類はビタ   
  ミン、ミネラルの宝庫なので意識して食べるようにしましょう。

 

2.大豆製品を食べよう。

 

  お豆腐、納豆、お味噌、豆乳など、大豆には女性ホルモンと似た働きをするイソフラ
  ボンが多く含まれています。

 

 

肝斑を予防するには

 

肝斑 ストレス

 

 

ホルモンバランスの乱れによりできると言われている肝斑。妊娠、出産、ピルの服用、更年期障害などが原因としてあげられ、なかなか予防策の難しい肌トラブルです。

 

ストレスから解放されること、体を疲れさせない生活を送ること。いうのは簡単ですが、お仕事をしていたり、育児中だったり、主婦であれば理想としか思えない生活ですよね。

 

いつも頑張っている自分を甘やかすことも大切ですよ。家族の協力を得て、自分だけの時間を持つとか、気の置けない友達と取りとめのないおしゃべりの時間、没頭できる趣味を持つなどもとても大切です。肝斑の予防には心のケアがとても大切ですね。