乾燥肌は食べ物が原因?うるおい肌を目指した食生活とは?

乾燥肌は食べ物が原因?潤い肌を目指した食生活とは?

乾燥肌とはそもそもどういう状態のこと?

 

乾燥肌に良い食事

 

我々のからだはタンパク質からできていますが、このタンパク質が減少すると皮膚の新陳代謝が活性化されずに肌荒れ状態となり、いわゆる乾燥肌になります。
一般的には、皮膚の新陳代謝のことをターンオーバーと呼び、我々の肌の細胞は28日経過すると新しい細胞に入れ替わっています。
乾燥肌の定義とは、皮膚の角質層の内部にある水分が30%以下の状態であり、皮脂の分泌も少なく保湿をおこなう仕組みが働いていない状態のことを言います。肌のカサカサ状態のことです。

 

乾燥肌を引き起こす原因は?

 

乾燥肌になる原因には、次のようなさまざまな要因が考えられています。

 

*環境、アトピー、年齢、食生活、お風呂での洗顔方法・からだの洗い方、スキンケアの間違った方法
この中でも、特に気をつけなればならないのは食生活の中でも栄養不足になっていないかということです。偏った食事によって、必要な栄養素が摂取できないと、本来作られるべきセラミドなどの保湿成分が作られずに肌がカサカサ状態になります。

 

乾燥肌を改善させるために摂取すべき食材は?

 

乾燥肌の予防と乾燥肌を改善して美肌になるために必要な食べ物を紹介します。
タンパク質を含む食品
タンパク質はターンオーバーを正常化する働きがあります。特に注意が必要なのは過度な食事制限によるダイエットと野菜中心の食事は乾燥肌の大きな要因となりますので、タンパク質を適度に摂取することは大切です。摂取したタンパク質は我々のからだの中の筋肉にとりつき、新陳代謝をよくして太りにくくします。
代表的な食材としては、大豆・卵・魚類・肉類があげられますが、効率的にタンパク質を摂取するにはビタミンB6を含む食材も一緒にとると吸収がよくなります

 

ビタミンA
ビタミンAは、皮膚を正常に維持する働きがあり、さらに、保湿成分を作りだすことを促進するともいわれています。
代表的な食材としては、ビタミンAの一種で脂溶性ビタミンであるレチノールを含むウナギ・卵・レバー・バターなどがあげられます。また、抗酸化作用をもつことで有名なβカロチンを含む緑黄色野菜・緑茶・海苔・ワカメ・モロヘイヤなどは乾燥肌の改善にも効果があります。

 

ビタミンB群(ビタミンB2、ビタミンB6)
ビタミンB2、B6ともに皮膚のターンオーバーを整える働きがあり、B6はタンパク質を吸収しやすくします。
代表的な食材 レバー・大豆・納豆・豚肉

 

ビタミンE
ビタミンEは血行不良の改善・新陳代謝のアップの効果がありますが、抗酸化作用をもつことでも知らており、活性酸素を取り除きます。老化による肌荒れの防止にも効果があります。
代表的な食材 アーモンド・ナッツ・大豆・アボカド・ごま

 

 

ここにあげた食材は、乾燥肌だけではなく、健康なからだづくりには必要な食材ですので、ぜひ積極的に摂取してください。

 

乾燥肌に良い食事

 

乾燥肌を悪化させる可能性がある食べ物

乾燥肌が気になる方の食生活はラーメン・パスタ・焼肉肉定食などの外食ばかり・ファーストフード大好きという方が多いようです。
また、淡水化物・脂質という栄養素は栄養バランスがとりにくい成分であり、肌の保湿成分の生成には悪影響を与えますので偏った食事は控えてください。

 

乾燥肌を悪化させる食べ物として控えるべき食品は次の4種類の食品があげられます。

添加物が多い食品

インスタント食品
インスタント食品には、保存期間を長くするために化学的に加工された添加物が多く含まれています。
これらの化学物質が皮膚に悪影響を与えることはわかっています。さらに、我々のからだでは処理しきれないほどの炭水化物と脂質が含まれています。

清涼飲料水

特に着色されている清涼飲料水には着色料の化学物質が含まれており、さらに、多くの糖分も含まれています。この糖分はからだの中で皮膚に必要な栄養成分であるビタミン類を多く消費するため、皮膚の生成に大きな悪影響を与えます。

刺激のある食べ物(カフェイン・アルコール・香辛料)

もちろん、適量を摂取することは問題ありませんが、香辛料・カフェインの過剰摂取によってビタミン・ミネラルを排泄して血管を収縮され皮膚の再生を阻止する場合があります。アルコール類の過剰摂取はアルコールの分解時に多くの水分が失われるとともに肌の水分も失われて乾燥肌になります。

冷えた飲み物・食べ物

夏場に多いのですが、冷えた・冷やした飲料、生野菜の多いサラダ、冷えた食べ物の過剰摂取はからだの中から冷えて血行不良となり、皮膚の新陳代謝が下がります。その結果、必要な栄養分が皮膚まで行かずに乾燥肌を起こします。

 

冷え性と乾燥肌は何か関連があるの?

我々のからだには防御本能ありますので、寒さなどでからだが冷えるときには皮膚の血液を収縮させて熱が発散しないようにしています。
その結果として必要な栄養分が皮膚に行かなくなり、老廃物も代謝されずに肌に乾燥も含めてさまざまなトラブルを引き起こします。冬場などの空気の乾燥はこれに拍車をかけて乾燥肌が悪化することもあります。皮膚のターンオーバーが遅れることによって、シミ・くすみが定着した老化肌に移行します。

 

このように、冷えと乾燥は切っても切れない関係なのです。冷えを防ぐための対策として、からだを温める次のような食品を積極的にとってください。

 

からだを温める食品

ニンニク、ショウガ、ネギ

からだを温めて、血液をサラサラにする食品

コンニャク、ゴボウ、ニンジン、レンコン、ヤマイモ
自分で料理するときには、アルカリ性食品はからだを温める効果がありますので、ぜひ、レシピに加えて美味しい食事にしてください。