顔のたるみを改善してたるみをとる方法

スキンケアの見直しで顔のたるみを解消,

30歳が近くなって、日に日に頬のたるみが気になるようになりました。ほうれい線もたるみの影響なのか、いつの間にかくっきり。鏡を見る度に悲しくなっていました。

 

よく、頬のストレッチをするといいと聞くので、唇を尖らせてみたり、口を大きく開いて動かしてみたりと、薄い知識でやってはみるものの改善はされません。
ただ、顔がじんわりと温かくなるのは感じました。やはり血行が悪いのかなと、色々と見直すことにしました。

 

まず、リフトアップ効果のあるスキンケアに変えてみたり、サボりがちだったパックを日々行うようにしてみたりもしましたが、結果的に私が、1番効果を実感できたのはフェイシャルマッサージでした。
マッサージバーを購入し、お風呂上がりに顔周りから首筋にかけて全体的にマッサージを行います。少し時間掛かるものの、この先のたるみを考えるとうやる気が出ました。

 

顎周りや首筋は、念入りに流すようにマッサージ

リンパの流れを意識して丁寧に行うようにしました。
一通りマッサージをした後は、肌に馴染ませていつも通りのスキンケアをするのですが、すぐに翌日の顔のむくみが、すごくスッキリしているのを実感。寝起きの顔がとてもむくみやすく、飲酒をすると尚更気になる体質でした。

 

 

それが大分改善されました。リンパの流れや血行が整うのか、なんとなく小顔効果も感じ今も継続しています。肌のたるみの原因はむくみも影響するということを痛感しました。マッサージバーを使用してからのスキンケアは、潤いがアップ。なので、マッサージバーの成分も重要視して選ぶようにするといいと思います。潤うことでほうれい線の改善にも繋がると思うので、乾燥をしないように朝のスキンケアもいつもよりしっかり行うようになりました。

 

 

時間がある時は、流すタイプのパックを行います。数分ですが顔に塗って過ごします。その後洗い流すだけ。それだけで化粧水の吸水が上がります。日々のスキンケアを見直すだけで大分変化を感じられるようにまでなり、嬉しいです。